【昭和元禄落語心中】ドラマのキャスト・主題歌と原作やあらすじまとめ!マンガ立ち読み情報も

更新日:

10月12日(金)夜10時スタートNHK総合ドラマ10「昭和元禄落語心中」のキャスト・キャラクターの紹介や原作・主題歌・あらすじを分かりやすく簡単にまとめて紹介します。

このドラマは若者たちを中心に“落語ブーム”を巻き起こしている漫画家、雲田はるこさんの漫画「昭和元禄落語心中」の映像化です。

NHKドラマの公式ツイッターではドラマの裏側や新着情報がみられます。
チェックしてみましょう⇒@nhk_dramas

NHKオンデマンド見逃し動画や無料番組を観る方法!解約の仕方は?

キャストの紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

岡田 将生(おかだ まさき) 役名:八雲

小さい時から常に仏頂面で、右足が不自由なため杖が離せない。

当初は落語に興味が無かったが、二代目助六の落語に惹きつけられ落語を続けている。

後に、昭和最後の大名人と呼ばれる落語家になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

竜星 涼(りゅうせい りょう) 役名:与太郎

元チンピラ。

お調子者で人懐っこい性格をしている。

八雲の落語に感動し弟子入りを志願する。

 

 

 

 

 

 

 

 

山崎 育三郎(やまざき いくさぶろう) 役名:助六

八雲と同日入門の兄弟弟子である。

落語の才能がある。

明るく大らかな性格だが大雑把で女と金にだらしない。

しかし、どこか憎めない性格をしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大政 絢(おおまさ あや) 役名:みよ吉

元芸者。

助六との間に娘・小夏をもうける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成海 璃子(なるみ りこ) 役名:小夏

落語家・助六のひとり娘。

父と因縁深い八雲を恨んでいる。

原作

原作は、累計190万部を突破しマンガ賞を総なめした雲田はるこ(くもたはるこ)の漫画「昭和元禄落語心中」です。

原作マンガを無料で立ち読みする方法をこちらで紹介しています↓↓

【昭和元禄落語心中】原作マンガを無料立ち読みできるサイト紹介!

 

主題歌

主題歌は「ゆず」の新曲「マボロシ」に決定しました!

ゆずの北川悠仁さんのコメントがこちら

「夜中に読み始めたところ、あっという間に物語の世界観に引き込まれて、全巻読み終わる頃には朝を迎えていました。すべての登場人物に『生と死』『愛と憎しみ』『美しさと残酷さ』がはらんでいて、“落語”という明るいテーマとは裏腹に、巻きおこる物語の激しさに、読んでいてゾクゾクしました」と感想を述べ、「どのキャラクターも本当に個性的なので、キャストの皆さんがどのように役を演じていくのか、とても楽しみにしています」(引用先:https://www.cinemacafe.net)

あらすじ

昭和初期、落語の世界に入った八雲は、同期入門の落語の天才・助六と、固い友情で結ばれる。

八雲は助六の芸に憧れ、嫉妬し、追いつこうともがき、芸者・みよ吉にも支えられ、成長していく。

やがて、助六とみよ吉とが結ばれるが、ふたりは謎に満ちた事故死を遂げてしまう。

八雲はその死を巡る秘密を抱いたまま、ふたりの遺児・小夏を引き取る。

小夏は、八雲を「親の仇」と恨んで成長し、やがて天衣無縫な八雲の弟子・与太郎とともに、八雲がひた隠す「助六とみよ吉の死の真相」に迫っていく…。

(引用先 http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/22000/300980.html)

「昭和元禄落語心中」の第1話から最終話までのあらすじは公式ページで紹介されています⇒「昭和元禄落語心中」のSTORYをみる

まとめ

ドラマ「昭和元禄落語心中」のキャスト・キャラクター、原作、主題歌、あらすじを紹介してきました。

濃厚なヒューマンストーリーにミステリーが絡まって面白い作品になっていると思います。

また落語が主のドラマはあまりなく新鮮な気持ちで見れると思います。

ミステリーに参加しながら楽しんで見ていきましょう!

昭和元禄落語心中1話の見逃し動画フルで視聴!あらすじ紹介

【秋ドラマ2018まとめ】キャスト・あらすじ・原作・主題歌・見逃し動画情報一覧

 









-2018秋ドラマ, ドラマ
-, , ,

Copyright© しあわせさがし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.