ラストキス〜最後にキスするデート・井上裕介×荒井レイラ エピソード3あらすじネタバレ

更新日:

ラストキス〜最後にキスするデートエピソード3のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。スタジオトークも紹介!

新シリーズは2018年12月からParaviオリジナル作品として独占配信されています。

スタジオMCはDIAGO、進行役はTBSアナウンサーの宇垣美里(うがきみさと)

エピソード2のスタジオゲストには人気声優ユニット・Aqoursの小宮有紗(こみやありさ)、AKBの須田亜香里(すだあかり)

デートする2人はこちらです↓

#3

元人気アイドルグループSUPPER☆GIRLSの荒井レイラが登場!今までに男性とデートをした経験がなく、極度の緊張状態で待ち合わせ場所にいると、NON STYLE井上裕介が現れる。ラストキスの相手が井上だと知り、言葉を失ってしまったレイラ。一方の井上も、レイラの「初デート」を汚さぬようプレッシャーの中で奮闘!番組市場初の衝撃の結末&お蔵入りとなった理由とは・・・?

スタジオトーク

「さあ始まりました!」とDAIGOの掛け声で始まりました。

ゲストの紹介があり、番組の説明があります。

小宮さんは「恋愛禁止なのか」と聞かれ、「そんな事はないですけど、もう25歳なので私もキュンキュンしたいです。」と話します。

須田さんは「恋愛はダメという気持ちでやってる」と言い、「よく疑われたりするんですけど、私は無いです。」と宣言します。

ここでDAIGOから「今回はある事情でお蔵入りとなったもの」だと発表されます。

その事情と出演者は明かされないままDAIGOの「ラストキス」の合図でVTRに入ります。

まさかの井上さん!?

まず登場したのは女性の出演者です。

歩いてくるその女性は元SUPER☆GIRLS、元JJモデルの荒井レイラさん22歳。

スタジオからは「かわいい」との声が上がります。

レイラさんはスタッフに「15歳から21歳までアイドルグループで活動していたので、恋愛とは程遠く、恋愛経験と言える程のものがなくて、手を繋いだ事もないし、キスをするってところまでいく事も無いし、デートする事も無いし。ヤバいですよね、自覚してます。」と話していました。

待ち合わせ場所に到着したレイラさんは「大丈夫かな。」と不安げに男性を待ちます。

そこにやってきたのは、収録終わりに楽屋から出てきたお笑いコンビノンスタイルの井上裕介さん36歳です。

後ろから「こんにちは」と声を掛けた井上さん。振り返ったレイラさんが「お疲れ様です」と挨拶をすると井上さんは「あ、お久しぶりです。」と言います。

「お仕事ですか?」とレイラさんが聞くと、「え?会ってませんか?」とどうやら会話が噛み合っていない様子の二人です。

レイラさんは相手が井上さんだとは思わなかったようで、「ごめんさい、俺で。俺なんですよ。」と井上さんに言われて、ようやく気付いた様子です。

スタッフに「ドッキリかと思いました。たまたますれ違った時にお声を掛けて下さったのかなと思って、状況把握をするのにちょっと時間が掛かりました。なんか最後の事とか考えると、この一日乗り越えられるのかなって不安でした。」と話すレイラさんは、「キスできると思った?」と聞かれると、「う~ん」と答えに困っていました。

スタジオでは「お蔵入りになった理由は、あれかな~と思った。」と話しています。

クリスマス時期の大事な時期にお蔵入りになった時は、DAIGOは呼び出され話し合いをしたと言います。

そんなDAIGOにとっては伝説の回だそうです。

またラストキスの相手が井上さんだったらどうかという話になり、ゲストや進行役からは「ショックです。どうせだったらカッコいい人がいい。」「ちょっと事務所に確認を取る。」という意見が出ます。

ここで、「この件を一番よく知る方に登場してもらいましょう。」と言い、ゲストを招きます。

そこに現れたのは井上さん本人です。

「どうもすみません」と謝罪しながら登場した井上さんは「裏で聞いてました。」と言います。

改めて「相手の荒井さんやスタッフの皆様に大変ご迷惑をお掛けしました。まさか2年越しに放送して頂けるとは。」と謝罪します。

何があったのかをわざとらしく聞かれると「ネット見ろ」と笑いを取ります。

デートの事を「覚えてます?」と聞かれた井上さんは「めちゃくちゃ覚えてます。僕より荒井さんが大変だったんじゃないかな。イケメンうんぬんだけじゃなくて、それ以外の部分で色々あったので、荒井さんがほんとに大変だったと思います。」と当時の事を振り返っています。

初めての連続

「イケメンを期待していただろうに、わたしなんです。」と言いながら頭を下げる井上さんに、「そんなそんな。ありがとうございます。お願いします。」と言うレイラさん。

「54年ぶりの雪の日に」と言う井上さんは「雪がすげえ」と言いながら歩き始めます。

「帽子とかマスクとか何もつけずに、堂々と外歩いてデートするの10年ぶりかも。」と言う井上さんですが、レイラさんが「私1回もデートした事ないです。」と言う言葉に「え?初!?」と驚きます。

「初デートになります。」と言うレイラさんに「初デートオレ?申し訳ない。」と言う井上さんですが、「初デートの記憶が穢れないように頑張る。」と言います。

タクシーを拾い、乗り込んだ二人は谷中銀座にやってきました。

商店街を歩く二人はコロッケを買い食べ歩きをします。

「食べるの好き」と言うレイラさんに「絶対ご飯食べる女の子の方がいい」と言う井上さん。

好きな食べ物を聞かれたレイラさんは「モンブランも好きです。あと、炙りサーモンも好きです。」と言い笑います。

井上さんは「デートやん。とは言えカメラがあるやろ。職業柄カメラあると気にするから、ちょっとお酒飲もうかなと思って。ちょっとお酒入れた方がカメラを忘れられる気がする。いい?」と言い、レイラさんも「是非」と言い、地ビール屋さんに入る二人です。

店員さんにおすすめを聞き「飲める?」とレイラさんに聞きますが、レイラさんは「私ビール飲んだことないんですよ。」と言い、またもや井上さんを驚かせます。

「飲んでみたいです。」と言うレイラさんに井上さんは「今日色んな初めてをオレにくれるやん。」と言いますが、スタジオで見ている井上さんは「めっちゃ恥ずいな。」と照れています。

「美味しくないってなったら言うて。俺が飲むから。それで、飲みたいもの頼み。無理してお酒飲まんでもいいし。」と井上さんは言います。

「初めてのデートに」「お願いします。」と乾杯をします。

「苦いけど美味しい。」と言うレイラさんです。

自家製ベーコンも「美味しい」と言いながら二人は食べます。

井上さんは「初めてのデートでしょ。で、初めてのビール。他にやった事ない事は?手繋いだりした事は?」と聞き「無いですね」と言われます。

「そうよね。デートした事ないもんね。」と言う井上さんに、「多分ミイラなんですよ。もうミイラ化してて、そういうのがダメだって思った分、人を好きになりづらかったりして、そのままの状態でここまで来てしまった。」と話すレイラさん。

それを聞いた井上さんは「これさ、でも最後に・・・。」と言い「それが初めて?」と聞きます。

「はい」と答えるレイラさんに「え?」と驚く井上さん。

「だkら、大丈夫かなって。」と言うレイラさんに「余計申し訳ないな。」と言う井上さん。

レイラさんから「プレッシャーになっちゃいそうですよね。」と言われビールを飲み干す井上さん。

「正直さ、タクシー乗る時相々傘したやん。」と井上さんが言い、「今思えば初めてですね。初めてが多いですね。」とレイラさんも言います。

「そうやな。」と言いながら2杯目のビールを飲み干し、店員さんに「もっと強めのあります?」とビールを注文して「絶対酔っぱらうな。」と言う井上さんです。

その時の事をレイラさんは、「飲んでましたね。でもなんかすごい、緊張してるのかなっていうのは伝わって来ました。自分だけじゃなくて井上さんも不安なのかなって思えた瞬間でした。」と話していました。

「熱くなってきました」と言うレイラさんに「俺も、ボーっとしてきた」と言う井上さん。

予定外のローラースケート

お店を出た二人は、花やしきにやってきました。

「クリスマスに兼ねてイルミネーションが点灯するねんて。」と言う井上さんは「レイちゃんにイルミネーションを見せたいなもあるし、俺も行った事ないから行ってみたいな。」と言います。

「テンション上がる」と大喜びでやってきた二人ですが、受け付けには張り紙がしてあり、今日は悪天候の為夕方で閉園だったのです。

イルミネーションが見れない事が分かると「全部雪のせいや」とレイラさんは言いますが、井上さんは「いやいや全部おれのせいや。ごめん。」と謝ります。

椅子に座りながら「雪やろ。どうしよう。探そう。」と言う井上さんはスマホで探し、「人力車乗る?」と提案します。ですが、室内ローラースケート場を見つけた井上さんは、レイラさんに聞きそこに行くことに決定しました。

この時の事をレイラさんは「あれはすごくよかったです。雪の影響でイルミネーションがお休みだったのは残念だったんですけど、次の楽しい事見つけようってリードしてもらえると、男らしいなと思うというか、カッコいいなと思いました。」と言っていました。

「イルミネーション見せたかった。」と言う井上さんと「残念ですね。」と言うレイラさんですが「体を動かしてイルミネーションを忘れよう。」と井上さんは言います。

ローラースケートに来て「これもやった事ないです。」と言うレイラさん。

井上さんはサポーターをレイラさんに付けてあげ、ヘルメットも装着してあげます。

ローラースケートをスイスイ滑る井上さんと、それを見て「すごい」と言うレイラさん。

スタジオからは「光GENJI世代ですから。」と言う井上さんと「俺も俺も。分かる。」と言うDAIGOさんの声。

すいすい滑る井上さんに「私と同じ靴ですか?それ。」と聞くレイラさん。

ぎこちなく滑るレイラさんに「こけないでよ。足あげないと。」と言う井上さんはさりげなくレイラさんの手を取ります。

「楽しい!」とはしゃぐレイラさんに「楽しんでるレイちゃんはかわいいよ。」と言う井上さん。

レイラさんは「すっごい楽しかった。ローラースケートとかデートで行くっていうのはドラマの世界だけだと思ってたんで、夢を叶えてる感じがしました。デートをしていくなかで、紳士的な事が多くて、それをずっと続けてて、その時に距離が縮まったかなって思いました。」と振り返っていました。

ここでVTRが終わります。

スタジオでは「めちゃくちゃ恥ずかしいですね。」と井上さんは言っています。

「今までの過程がすごく紳士的だったし、慣れていないと余計にそういうのに弱いと思う。」とゲストは言います。

予告のVTRを見て色々と想像するスタジオメンバーです。

「ちょっと最低な事言いますけど、お蔵リターンって事はないですか?」と井上さんが言い、スタジオは爆笑します。

まとめ

2年も前に収録されたものがやっと放送されたようですが、デート中の井上さんの紳士的な感じにはとても交換が持てますね。

初めてだらけのレイラさんも徐々に心を開いているようですが、予告では「ごめんなさい」と言っているので、結末が気になりますね!!

うまくいきそうな二人ですが、この後何が起こるのでしょうか!?

次のエピソード4のあらすじネタバレはこちら↓

ラストキス〜最後にキスするデート・井上裕介×荒井レイラ エピソード4あらすじネタバレ









-ラストキス
-,

Copyright© しあわせさがし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.