楽天

テラスハウス東京2019主題歌情報!オープニングの曲名アーティストは誰?

投稿日:

現在NetflixとFODプレミアムで配信中の「テラスハウス東京2019‐2020」。

テラスハウスのオープニング曲と言えば、テイラー・スウィフトさんが定番ですね。しかし今回のテラスハウスでは違うアーティストの曲がオープニングを飾っています。そんな話題となっている「テラスハウス東京2019‐2020」のオープニング曲とアーティストについてご紹介します。

アーティスト来日公演(2019年8月)のチケット情報もお知らせします!

テラスハウス東京2019あらすじネタバレまとめ!放送日・出演者情報

 

テラスハウスはフジテレビオンデマンドにて配信中♪無料期間を利用して視聴したい方はこちらから→テラスハウス特集1ヶ月間無料キャンペーン中【FODプレミアム】 FODについて詳しくはこちらのページで紹介しています

テラスハウス東京2019の主題歌は?

今回の「テラスハウス東京2019‐2020」のオープニング曲は、テラスハウス定番のテイラー・スウィフトさんの曲ではなく、違うアーティストの曲が選ばれました。

オープニング曲として選ばれたのは、CHVRCHES(チャーチズ)というグループの「Graves」(グレイブズ)という曲です。

個人的にはテイラーが好きなので変わってしまったのは残念ですが、CHVRCHESの「Graves」もとてもオシャレでノれる曲なんですよね。テラスハウスの雰囲気にはぴったりだと思います。

そんな「Graves」は、2018年5月に発売されたCHVRCHESの「Love Is Dead」というアルバムに収録されていますよ。

ちなみに今回のテラスハウスでもエンディングテーマは変わらず、Snow Patrolの「Chasing cars」です。

エンディングテーマはずっと変わっていないので、もうお馴染みになっていますね。

テラスハウス東京2019主題歌のアーティストについて

「テラスハウス東京2019‐2020」の主題歌「Graves」を歌っているのが、CHVRCHESというグループです。読み方は、チャーチズです。

CHVRCHESは、イギリスのスコットランド・グラスゴー出身の男女3人で結成された、エレクトロポップバンドで、2012年の秋に公式デビューしました。

CHVRCHESの名前の由来は、Churches(教会)から来ていますが、響きの良さから選ばれた為、特に宗教的な意味は込められていないとのことでした。

またuをvに変えたのは、既に作られていたアルバムのデザインの中でuがvに変わっていたのを、そのまま採用したようです。

メンバーのプロフィールは以下の通りです。

ローレン・メイベリー
1987年10月7日生まれ/リードヴォーカル、シンセサイザー、サンプラー担当

イアン・クック
1974年11月2日生まれ/シンセサイザー、ピアノ、ギター、ベース、ヴォーカル担当

マーティン・ドハーティ
1982年12月24日生まれ/シンセサイザー、サンプラー、リードヴォーカル担当

リードヴォーカルを務めるローレンの、聴きやすい澄んだ歌声がとても魅力的です。

テラスハウスの主題歌「Graves」でCHVRCHESに興味が湧いた方は、是非他の曲も聴いてみてください。

さてそんなCHVRCHESですが、2013年には日本でもデビューしています。また同じ2013年には初来日も果たし、サマソニにも出演しました。

その後も何度か来日公演を行っており、日本でも人気のあるグループとして知られています。

そしてなんと、今年のサマソニ2019でもCHVRCHESの出演が決定していますよ。

8月17日の大阪公演、8月18日の東京公演に出演する予定になっています。

チケットぴあで販売中です!→CHVRCHES(チャーチズ) のチケット情報

まとめ

現在Netflixで配信中の「テラスハウス東京2019‐2020」のオープニング曲についてご紹介しました。

今回のテラスハウスのオープニング曲は、CHVRCHESの「Graves」です。

定番のテイラーではなかったのには驚きましたが、「Graves」もまたオシャレでノれる曲なので、テラスハウスらしいオープニングになっていますね。

「Graves」を聴いてCHVRCHESに興味を持った方は是非他の曲も聴いてみてくださね。

また、CHVRCHESはサマソニ2019への出演が決定しています。

FODの見逃し無料サービス・プレミアム無料期間と解約方法の紹介!メリットやデメリット









-テラスハウス
-,

Copyright© しあわせさがし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.