楽天

【あいのりアジアンジャーニー・シーズン2】第17話あらすじネタバレ かわいい泣き顔

更新日:

あいのりアジアンジャーニー・シーズン2の第17話「かわいい泣き顔」あらすじネタバレを紹介します。スタジオトークも紹介しています!

AIは、ラブレターを読んででっぱりんに告白。そして翌日、でっぱりんがAIに返事を伝える時がやって来る。英クンは、その様子を不安げに見守っていた。

出演メンバーの紹介はこちらへどうぞ→アジアンジャーニー・シーズン2メンバー紹介

あらすじネタバレ一覧はこちらです→アジアンジャーニー・シーズン2あらすじネタバレまとめ

「あいのり」シリーズをフジテレビオンデマンドFODプレミアムで無料期間を利用して視聴したい方はこちら放送中の最新作から過去の名作まで対象の作品が見放題!FODプレミアム 月額888円(税抜)    FODについての詳しい情報こちらのページでご覧ください。

メンバー相関図

恋するAIの告白

ラブワゴンで隣同士に座って話すでっぱりんと英クン。

「駅でおばあさんが倒れてて、人呼んだりしてたら入試に遅れた。」と話す英クンに、「え?嘘でしょ?」とでっぱりんが言います。

「その時助けなかったら、そのおばあさんが死んでたかもと思うと、俺が入試に遅れる方がいいと思った。」と言う英クン。

「まぁね。でもお人よしとかじゃなくて、優しいよね。根っから。」と感心するでっぱりんでした。

スタジオでは、もう他の事どうでもいいから、早くでっぱりんの返事が聞きたいと盛り上がっています。

スタジオトークを早々と切り上げて、VTRに入ります。

前回手を繋いだところから始まりました。

「座ろう」とAIが言い、座って話す二人です。

「薄々気づいてるとは思うけど、これは告白です。」と言うAIに笑うでっぱりん。

「こうやって自分の想いをちゃんと伝えたいなと思ったから、手紙を書いてきました。産まれて初めてラブレターを書いてきました。」とAIが言うと、「え~マジ?」とでっぱりんは驚きます。

手紙を読み始めるAI。

「でっぱりんへ。でっぱりんと過ごした時間を思い返すと、いつも泣きっ面と、泣き止んだ時の笑顔が頭に浮かんできます。」

この時点で泣き出すでっぱりんに、ハンカチを差し出すAI。

「今思えば僕は川辺のレストランで二人で話した時から、君の笑顔に恋をしていたんだと思います。

でっぱりんの事が大好きです。

一緒に日本に帰って下さい。

恋が分からない、改め、恋をしているAIより。」

笑う2人ですが、でっぱりんは「無理~」と言います。

「あ、返事ではなくて」と言うでっぱりんに、「そりゃ知ってるよ。早いよ。」とAIは笑います。

「明日、返事を聞かせて下さい。これチケットと俺の処女作。」と言いながらでっぱりんにチケットと手紙を渡すAIです。

「ありがとう」と言い別れる二人です。

立ち去りながら「緊張した~」と小声で言うAIと、泣き続けるでっぱりんでした。

その日の夜、AIがでっぱりんに告白した事がメンバーに伝えられました。

5人だけの夕食では「暗くない?」「この静けさ。」とみゃあが言いますが、特に浮かない表情の英クンの日記には「心の中が自分でも感じた事がない位複雑だった。今はただ明日が来るのを待つしかない。」と書かれてありました。

AIはスタッフに「最初からやっぱり分はずっと悪いと思ってるんで、そっちの恐れの方が多いですね。でも盛り返せてると信じてます。」と話していました。

一方のでっぱりんは泣きながら「AIの色んなとこ見たいって思ったのは、事実だし。ぶっちゃけ一緒に帰りたいって思う。今は。けど、英クンとの今までの事を全部無しには出来んくて。今までだったら何でも、パンパンパンって物事決めてきたっちゃん。でも今は初めてこんなに物事決め切らんくて、ほんとにあたし明日答えでるんかな。」と思い悩んでいます。

スタジオでは「これは意外と分かんない。」と話しています。

あの涙は混乱の涙だろうと言います。

夏菜は「なんで嵐のようなでっぱりんがモテるんだろう。」と言っています。

でっぱりんの答え

翌朝、でっぱりんを待つAI。

ラブワゴンでは英クンが神妙な表情で見つめています。

そんな英クンは「でっぱりんが帰っちゃったらどうしようって。焦りと不安と。」と言っていました。

そこに現れたでっぱりん。

「昨日はデートに来てくれてありがと。ボートから降りて、でっぱりんの手を取って歩き出した時に、俺今好きな人とデートしてるんだって実感が湧いてきて。

伝えたい事は昨日全部伝えたんだけど、俺はでっぱりんの事が好きだ。

明日も明後日もこれからもずっと、でっぱりんの笑顔を隣で見ていたい。だから俺のそばに居て欲しい。でっぱりんの返事を聞かせて下さい。」AIは堂々と言います。

でっぱりんは「日本であったら多分絶対話さん人やろうなって。また頭いい人来たかって思ったのが第一印象で。また話ついていけんな、私とモアだけと思っとって。

でもAIと話して、私が求めとった人が来たと思ったと。私が泣いた時にいつもそばにおってくれた人やなと思って。AIが泣いた時は、この人色んな表情するする人やなって、色んな感情を秘めとっちゃないかと思った。」泣きながら一生懸命話します。

「もっと引き出したいなって。でも、私が好きって感情のある人はAIじゃないのかなって。思いました。考えれば考える程、自分の気持ちがブレブレで。ほんとにほんとにこんな私の事を好きになってくれてありがとう。AIと旅出来てよかった。」と言いながらチケットを返します。

「ありがとう、ごめん。」と言いながら泣きじゃくるでっぱりんにAIは「最後一言、言わしてもらっていい?」と聞きます。

でっぱりんが頷くと、「泣き顔もかわいいね。」と言って笑います。

「もう泣くの無しだよ。笑ってバイバイしよ。」とAIに言われ「うん」と言うでっぱりん。

「ありがとう」と言いながら抱き合う2人です。

でっぱりんはラブワゴンに向かう間もずっと泣いています。

そんなでっぱりんに一番に近づき、何も言わずに荷物を取ってあげたのは英クンです。

AIもらぶワゴンに近づき、「サプライズパーティで散々泣かされたから、今日は泣かないって決めてる。本当にこのメンバーと旅が出来てよかった。本当にありがとう。」と言いながら涙が堪えられません。

英クンと抱き合い「後は任せたから。」とAIが言うと「オレ頑張るから。」と英クンも言います。

トムは「ずっと友達だぞ。」と言いながら泣きじゃくっています。

ドアを閉めたAIは皆に手を振りながら「ありがとう。ほんとにありがとう。」と叫びます。

でっぱりんは「今までの自分だったら私は100%この答えをOKしてたと思う。でも私は英クンと向き合いたいって思って。自分が頑張ったって思えるところまではしたいなって。」と言うでっぱりんはラブワゴンでも泣いていましたが、もう一人みゃも声を出して泣いていました。

「あいのり来てこんな恋愛すると思わんかった。絶対好きになると思わんかったのに。」とみゃあは言っていました。

AIはスタッフに「参加させて頂いて、ありがとうございました。」と深々と頭を下げていました。

「悔いはないです。涙も流し尽くしました。もう出ないです。でも人が恋する人工知能とかもういいっす。人は人に恋すればいいと思っています。」と笑顔で話していました。

スタジオでは「素晴らしい。いいもの見たな」と感動しています。

これは英クン的には余計彼女を守らなきゃって、確信につながるし絶対くっつきますよね。と話していました。

でっぱりんのキモチと英クンの想い

翌日、ラブワゴンの中から国境を見てはしゃぐじゅんきです。

カザフスタンの旅はここで終わりなので、ドライバーさんとお別れをします。

続いての国は中央アジアのスイスと呼ばれるキルギス。

ラブワゴンを見つけたメンバー達は次のイケメンドライバーさんと挨拶をします。

その日の夜、ラブワゴンで隣同士に座る英クンとでっぱりん。

「気付くと早いなと思う。」と話す英クンです。

「気持ちはフレッシュなんだけどね。」と言う英クンに「嘘つけ」と笑うでっぱりん。

英クンはスタッフに「やっぱりでっぱりん、いちいちかわいいな、とか思ってます。日本に帰ってどんな楽しい事出来るかな、とか思ってます。もうちょっと距離縮めて、信頼関係を築けたらなと思ってます。」と話していました。

その後、何故かでっぱりんから笑顔が消えていました。

翌日公園での自由時間でも、でっぱりんは「じゃあ一人で。」と一人で行動をしたがります。

じゅんきと二人になった英クン。

じゅんきは「なんか思い当たる事あった?」と聞きます。「うーん。」と考える英クンは「何考えてるのか聞きたい。」と言います。

じゅんきは「どうして?どうして?って聞けばいいじゃん」と陽気に笑っています。

ですが真剣に「テンション低くね?とか聞けばいいじゃん。俺は気になるって。シンプルに言えばいいじゃん。」とアドバイスをしています。

ですが英クンは「無理矢理捕まえて話すっていうのは、なんかエゴになっちゃうかなって感じはする。」と言います。

それでもじゅんきは「今がいいチャンスだと思うけどね。逆にこういうのないと濃い絡みになんないし。」と言います。

英クンは「今じゃないのかもしんないね。」と言いますがじゅんきは「今でしょ。英クンが今じゃないって思うのは、でっぱりんの事を考え過ぎちゃってる訳じゃん。でもまあ素で行きたいんだったら、行っちゃえばいいじゃん。」言い「うん。うん。」と話を聞く英クンです。

「ノリでいっちゃえばいいじゃん」と言うじゅんきには「ノリでいけないよ」と返します。

「フラれちゃえ、フラれちゃえ」と言うじゅんきは「とんでもない事言うなお前。」と英クンに怒られ「ごめんなさい」と謝ります。

一方のでっぱりんは一人考え込んでいます。

「英クンの事、好きって気持ちがあるけん残ったはずなのに、早く帰りたい、早く告白したい、早く気持ち伝えたいって思っとったのに、なんでこうなるんだろうっていう気持ち。」とでっぱりんは恋にさまよっていたのです。

スタジオでは英クンのそっとしとこうと思う気持ちは失敗している気がすると話します。

優しさってなんなんだろうね、難しいね。と話すスタジオメンバーでした。

まとめ

一人で帰ってしまったAIですが、でっぱりんに気持ちを伝える姿はとても男らしかったですね!

でっぱりんもたくさん悩んで辛かったと思います。

ここからすんなり英クンとうまく行って欲しいところですが、でっぱりんの気持ちが揺れているようです。

いよいよこのシーズン最後の国となりましたが、恋の行方はどうなるのでしょう!?

「あいのり」シリーズをフジテレビオンデマンドFODプレミアムで無料期間を利用して視聴したい方はこちら放送中の最新作から過去の名作まで対象の作品が見放題!FODプレミアム 月額888円(税抜)    FODについての詳しい情報こちらのページでご覧ください。









-あいのり
-, ,

Copyright© しあわせさがし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.