【あいのり】アジアンジャーニー 第11話のあらすじ(ネタバレ)!

更新日:

あいのりアジアンジャーニーの第11話「吹き抜ける風を背にして」のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。スタジオトークも紹介!

今回の見どころは、ハト胸の告白、そしてあるメンバーに思いもよらない出来事が、、、




 

フジテレビオンデマンドで無料期間を利用して今すぐ視聴したい方はこちらから↓


ハト胸の告白は100点!

スタッフルームでシャイボーイがかき氷の話をしています。昔、女の子とかき氷をシェアしていて、最後のほうに女の子がアーンとかき氷をくれて、そのあとの最後の一口も自分が食べてしまい、寝る前に、「あれは私があーんをしてあげるべきだった」と、気づいた、というエビソードがあったそうです(笑)

スタジオ

いよいよ、ハト胸からアスカに告白をすることになり、スタジオメンバーはカップル成立ではないか、と期待が高まっています。

オードリー若林は昔、告白をする時に自転車でぐるぐる好きな女の子の周りをまわりながら告白したこともあったという。




 

鹿港(ルーカン)の街にある台湾最古の海の神をまつる社(やしろ)、鹿港天后宮でハト胸がアスカを呼び出します。

アスカがやってくる

ハト胸「ゆっくり話そうとおもって」

アスカ「びっくりした」

ハト胸「自分のなかでこの旅をしてきて、ほんまにいい仲間と巡り会えたし、いい思い出できたし、、、」

アスカ「うん、、、なんでそんな過去形なの?」

ハト胸「え?」

アスカ「あれ?」

ハト胸「いや、思い出できてるし、、うん、まあできてん。だから、、、自分の中で一つ決めて、、、だからそれを、アスカに伝えていい?」

うなずくアスカ、、、ハト胸はたちあがって少し離れてアスカのほうを向く。

ハト胸「アスカ、俺は今、アスカのことが好きです。今まであいのりで沢山のひととであって、大切な人、最高のメンバー、いろいろな人に会えたけど、俺は、アスカが一番大切で、この先も一緒に、楽しいときも、つらい時も支え合っていきたいと思います。

まだまだ、、、かもせぇへんけど、、俺がこれからアスカを引っ張っていくから俺と一緒に日本に帰って欲しい」

スタジオの声「おー男らしい」「ねーかっこいい!」「正面からっていいね」

ハト胸「チケットを、、、」

アスカ「ビックリするじゃん、、、うれしい、、、」と涙を流している

「ありがとう、嬉しい」

ハト胸「明日、朝、答え聞かせて。アスカの気持ちを聞きたいなと思って、待ってます。急でビックリさせてごめん」

アスカ「ありがとう、、、びっくりしたし、、うれしい、でも、、、。ハト胸の気持ち聞けてよかった、、、ありがとう」

その夜、アスカはスタッフに「こんなに嬉しいものなんですね。かっこいいなって思ったし、、、なんかすごい気持ち、伝わった。まだ答えは出せないけど、、、、」




 

スタジオ

ベッキー「すごーい!がんばったー!」

河北「100点!」

ベッキー「もう、ドラマティック!一回わざわざ立って、正面から気持ちを伝えるって、すごくいい!あとチケットを渡す時にアスカがちょっと上にいて、何かロミオとジュリエットみたいな、、」

オードリー春日「あーいうことができる男になりたいよな~」

若林「もう40なったらできないよ!で、もう結論でてるよ」

河北「でも何か、この告白の時、すっごいビックリしてたじゃん(アスカが)。ちょっと心配になっちゃった。ビックリしすぎてて、、、。ハト胸私のコトすきだったんだ!ていうビックリなのかと思って、、、」

春日「確かにそうなの。いいとこ見てたね」スタジオ(笑)

河北「全部横取りしないでよ!」

ベッキー「人のコメントねえ」




 

アスカの答え

運命の朝。川沿いにある風車の風に吹かれて、ハト胸はアスカをまつ。メンバーはラブワゴンから見守る。

アスカがやってくる。OKならキスして帰国、NOならチケットを返す。

ハト胸「アスカの笑顔が一番好きです。アスカとおる時間、ほんまにめっちゃ短く感じて、もっともっと時間があったらいいのになって、旅をしてて一緒におる時ずっと思ってました。

アスカのことを世界で一番幸せにします!だから俺と一緒に日本に帰ってくれませか?」

アスカ「ありがとう。昨日、本当にびっくりして、、、ハト胸がそうおもってるのって、、いきなりの告白だったから、すごいビックリしたけど、それよりもそうやって、本当の自分をみてくれて、その上でそうやってまっすぐ目を見て好きって言ってくれて、すごく嬉しかった。

正直、第一印象からすごいよくて、元気だな、とか、面白いな、とか。男らしくて、う-ん。ハト胸といると、すごい楽しくて。

ハト胸と一緒に帰ったら、絶対幸せになれるって思った。

平凡でいいから、幸せな家庭を築きたくて。うん、それが一番の目標で。でも、そのためには絶対自分が変わらないといけなくて。

もっともっと、自分を鍛えて、成長してから帰りたいので、ハト胸とは、一緒に日本に帰れません。」

スタジオ「ええ?」と悲鳴

ハト胸「ありがとう。」

アスカ「こちらこそありがとう」と頭を下げる

ラブワゴンで見守るメンバーは困惑。でっぱりん「え、オッケーしたやん?」「え?ではない?」

アスカはチケットをハト胸にかえす。

ハト胸「ありがとう、頑張ってな。応援してる。昨日もゆっくり話せてよかった。」

アスカ「わたしも。ありがとう」

ハト胸はみんなに別れを告げる。「やり切りました。」

ゆうちゃん「マジ、かっこよかった」

ハト胸「みんなといれて、ほんま嬉しかった。ほんまに短い期間やったけど、マジで忘れねえから。だからみんなも、ホンマにいいもの見つけて、いい恋して、帰ってきて。ありがとう、ホンマに」

そしてアスカに向かって「幸せな時間をありがとう」アスカも「絶対後悔しないから」と手を握り合い別れる。

アスカはスタッフに語る「めっちゃつらかったけど、このまま帰ったら多分今までの私と一緒かな、って思って、、私がもっと変わんないと、ここに来た意味もないんじゃないかなって思って」

ハト胸「気持ちは伝えきって、やり切ったので、後悔はないです。」




 

スタジオ

ベッキー「ヤバい、、、え、まじ?」

河北「なんかもうね、、」

春日「今日もう終わろ」

若林「そう、それ、本当にいいと思う」

ベッキー「ビックリなんですけど!こんな事ある?こんなんじゃ一生できないよカップル!」

若林「確かに」

ベッキー「これは何、私が見てきたあいのりとちょっと違う!時代かな?何だろう?」

若林「時代なんじゃない?裕ちゃん、シャイボーイ、ウェディングじゃアスカは成長できないでしょ」スタジオ(笑)

河北「なんかみんな自分から告白したいっぽいメンバーですよね、、、自分の好きな人がみつからない、みたいな。自分の何か、、」

ベッキー「それ時代だと思うやっぱりさ、みんな、自分のタイミングで行きたい、ていう生き方をしてるから、あいのりを通じて時代もわかるっていう」(笑)




 

遅刻する男子に女子激怒、そして衝撃の報告

朝、ホテルの前で女子メンバーが待っている。男子メンバーが時間にでてこない

15分ほどおくれて出てきた男子に女子メンバーブチ切れ。男子メンバーは「ごめん、申し訳ない」と頭を下げる。

街を探検し、台湾の定食屋へ行きごはんの上に細かく裂いた七面鳥の肉とたれがかかっている鶏肉飯(チーローファン)を食べる。

そこでまたシャイボーイが「30分遅れただけで何でそんなに怒る?」と話を蒸しかえす。

でっぱりん「は?またぶり返す?せっかく終わった問題を!」

シャイボーイ「これだとまた誰か遅刻したらまた怒る」

でっぱりん「遅刻せんせればいい話。なんか、考えが真面目すぎ!いろんなことを、そんなね、一生懸命さ、ずーっとさ、真面目に考えてったら楽しくないよ。その事を今日は、こういう勉強したのになんでこうなったんだろうか、とか言い出したらなにもキリないし、、、」

こんな話をしているところにスタッフがやってきて報告が、、、

「ちょっとね、報告があります。ウェディングがリタイアしました」

メンバー「え?」「は?!」「今?」

シャイボーイは泣きだす、、、。

シャイボーイは旅のストレスからか、ずっと偏頭痛に悩まされ、台湾でもずっと体調がわるかったので、ついにドクターストップがかかってしまった。

メンバーに別れを告げる時間もないまま空港へ直行し帰国してしまった、、、。突然の出来事にメンバーもショックを隠せない。

現在の相関図はこのとおり。

恋人のような2人?

その日は台湾で一番夕日がきれいに見える高美湿地(がおめいしっち)へ。でっぱりんとシャイボーイが二人きりになる。

でっぱりん「てか毛はえすぎ。このね、そってから毛生えてくる瞬間ってマジできもいけん、マジ剃ったほうがいいと思うよ」

シャイボーイ「お願いだから、いまダメ出しだけはやめてくれませんか」

でっぱりん「あははははは」

そこへゆうちゃんとかすががやってきたので、シャイボーイが「かすが、わたしが潮干狩りのやり方を教えましょう」とカップル交代。

裕ちゃんと2人きりになったでっぱりんは楽しそうに笑っていると、裕ちゃんが

「今なんかすっげえかわいく見えた」

でっぱりん「え、なんで?はっはっはっは」

裕ちゃん「まじ、もうちょっともう一回ふりむいて」

でっぱりん「いや、無理 無理 無理 無理」

裕ちゃん「いや、でもこの光具合はでっぱりん!」

でっぱりん「ねぇ怒るよ!その光具合でかわいくみえたはあんまりやろ。失礼やけん、ちょ、はよ来て」

裕ちゃん「なに照れてるの、ちょっと、うざ!」

でっぱりん「あははははは」

裕ちゃん「え、でっぱりん一回こっち向いて」

でっぱりんがちらっと振り向くと

ゆうちゃんは「かわいい!」

スタジオ「いいねこういうの」「カップルじゃん」

でっぱりんの日記には「え、かわいい、でっぱりんもう一回こっち向いて!って言われてめちゃくちゃはずかしかった。でもめーっちゃうれしかった。」

今までなかったほめ言葉に有頂天のでっぱりん、、、でもこのあとでっぱりんの恋は、予想のつかない方向へ大きく舵を切る!!!




 

新メンバー登場で、女子大興奮

翌日は、新メンバー合流の日。女子たちのメークにも力が入っている。

でっぱりんはスタッフに「シャイボーイが来た時に期待外れすぎて、上を見すぎて期待外れでめちゃくちゃショック受けたやろ?って。だけん、それならんようにねって。あんまり期待せず」

新メンバー発見!女子大興奮

「豊田陽(とよだあきら)と申します。普段は芸術活動をしています。25歳です。この旅では、日本でできないような恋をしたいなと思って参加しました。よろしくお願いします」

絵が得意なあきらは、東京都出身25歳。マダガスカル人の母を持つ美大生でデザインを専攻。末っ子長男姉三人で、根っから女性にやさしい。

でっぱりんはスタッフに「やばいやーん!なんでででくるんですか、ああいう人!」

第一印象は?ときかれ「完璧。かっこいい。あきらって名前も素敵。」

なにが一番よかった?「顔と髪型。いや、でもちょっと話してみるべきですね」

早速その日の午後、でっぱりんはあきらを呼び出す。

でっぱりん「びっくりした?さっきあんまり話してなかったけん、話そうとおもって」あきら「うん」

ところが、でっぱりんは照れ笑いをしていつもの調子がでてこない。壊れているセンスをみて、あきらが接着剤をもってきているから、あとで直すということに。

その夜、でっぱりんはスタッフに「好き」スタッフ笑う。

「いやそりゃわたしも人間ですよ。人間だからですよ」

すっかりあきらに一目ぼれしたみたいです

スタジオ

ウェディングがリタイアしたことに「はじまってもないのに終わっちゃったよ」と話す。イケメンだったのに残念。過去にもこういうことはあったが、ウェディングほど爪痕残さずリタイアした人はいないかも、、、

あきらはハト胸タイプか?シャイボーイと裕ちゃんよりはリーダータイプかもしれない。女子への対応も男らしい感じがする。

ベッキー「マダガスカルという国が、そうさせるのか?」




 

まとめ

ハト胸の告白は男らしかった!でも、アスカの答えは残念ながらNOでした、、、。今回もまた、たかの告白の時のように、一方的な気持ちで、早すぎた感はあります。あともう少し時間をかけて一緒に過ごしていれば、もっと良かったのではないかな、とおもいますが。

自分がもっと変わらないといけない、というアスカは、自分から告白したいと思っているのかもしれませんね。

リーダ―的存在だったハト胸があいのりを去るのは男子たちも号泣していました。そしてさらに追い打ちをかけるようにウェディングがリタイア、、、イケメンだっただけに残念です。復活とかあればよいのですが。

新メンバーのあきらの登場ででっぱりんの気持は裕ちゃんから一気に離れてしまうのでしょうか?この先が楽しみですね。

いますぐ放送をみたいかたはまずは無料でお試し! FODフジテレビオンデマンド




 

出演メンバーとあらすじ一覧はこちらで紹介しています↓↓

【あいのり】アジアンジャーニーのメンバー出演順まとめとあらすじ一覧!

つづきの第12話のあらすじはこちらから↓

【あいのり】アジアンジャーニー 第12話のあらすじ(ネタバレ)!









-あいのり
-, ,

Copyright© しあわせさがし , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.